経過利息とは

人がお金を増やすために投資をしますが、
投資をするための商品にもいろいろな商品があります。

そして投資商品の中で比較的リスクの低い商品として債券があります。
債券とは国、国の機関、企業などが資金調達をするために発行することになる
有価証券のことで、国が発行している債券のことを国債、地方債などと呼ばれ、
企業が発行している債券のことを社債と呼ばれています。

そして債券はあらかじめ利率が決められているので、
一定の期間が経過したら決められた利息を受け取ることができ、
償還期限が到来したら購入した際の元本を受け取ることができるので、
予測が立てやすい投資商品であると言えます。

債券売買で計算する経過利息について

そこで債券を売買するにおいて計算されることになる経過利息というものがあります。
これは一定期間の利払い日が定められていて、
その利払い日の間に売買が行われることになります。

そのため売買をした後の利払い日において利息を受け取ることができるのは
債券を買った人で売った人は利息を受け取ることはできません。
しかしこれでは公平性に欠けてしまうので、債券の売買をした時に債券を
売った人と買った人が所有していた日に基づいて利息を分け合うことにして
発生する利息のことを経過利息と言います。

経過利息はの精算の仕方は不動産売買をしたときの租税公課の精算をするときのように、
債券を買った人が債券を売った人に対して売買前に所有していた日に
相当する利息分を支払うことによって行います。

計算式などはhttp://www.geocities.co.jp/WallStreet/2048/bond/interest.htmlが参考になりました。