振り込み融資

大手の信販会社や銀行は融資をカードローンの方法で実施していることが多いです。
カードローンは利用者側としても、借入や返済が自由に行えるというメリットがあります。
また大きなニーズとしてはお金借りるなら即日キャッシングがいいというユーザーの声に対応している
点は多くの融資、金融機関にとって見て見ぬふりはできない最大の特徴と言えるでしょう。
信販会社や銀行側も貸出の手間が省けますし、回収も銀行引き落としなどで対応できます。
人手がかかるのは、返済遅延者に対する督促等の処理だけですから省力化につながります。

大手はカードローンを採用、昔ながらの中小はカードローンではなく、振込み融資が多い!

しかし、昔ながらの中小の信販会社では、主にコストの関係からカードローンを採用していません。
このような信販会社では、振り込み融資をしています。
銀行振込ですから、審査さえ終われば貸付金額を振り込めばいいので、省力化につながります。
このような信販会社の場合、融資金額の回収を契約者から振込させていることが多いです。

また、銀行では目的ローンということで、カードローンより金利を少し安めに
設定している融資形態があります。
この場合、貸出資金の使途を確認する必要があり、
見積書などの提示が求められます。

この見積書等の金額を基礎にして融資金額を決定しているわけですが、
この場合も顧客の銀行口座に貸出金額を振り込むことになります。
この場合、省力化というよりは、ローン自体の性格から
繰り返し利用させることはないため、わざわざコストのかかる
カードローン形式にする必要はないという理由です。

場合によっては、本人名義ではなく商品の販売業者等へ
直接銀行側が振り込むこともあり、この場合は契約者の預金通帳に
借入資金が振り込まれた事績は残りません。

カードローン全盛の時代ですが、このように振り込み融資も一部残っているのです。